歪曲骨家。

創作小説置き場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立永遠星学園高等部生徒会資料9

九冊目

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

校門を出ると、少し強めの風が心地よかった。えんまは門の前で待っていて、俺が出てくると回れ右をしてきた。

「巻き込んじゃって、ごめん。」えんまは少し目を伏せて、申し訳なさそうに言った。「いいよ。生徒会室に呼んだのは俺だし。」えんまが謝ってくるとは予想していなかった。まぁ、あの湿気ルームじゃなぁ……。

「そう。なら、いいんだけど。」なぜかえんまの口調はぎこちなく、こちらの様子を伺っているようだった。

そういえば俺、何か忘れてないか……?

なんだっけ。すごくどうでもいいことだったような、そうでもなかったような……。

 

あ。

「そういえば、その例のライバル教祖? の事なんだけどさ。」

「何? 花鳥がどうかした?」「花鳥?」「ライバル教祖の名前。花鳥 風月。おそらく偽名だけど。」どんな偽名だよ。自分が美しいって言ってるみたいじゃないか。もしや中身はタカビーな女か?

「それを言えばさ、お前も偽名だろ?」「え?」えんまは『何を言っているの』といった顔でこちらを見ている。お前の名前の話だよ。

「地獄谷 えんまってどんな名前だよ。大体両親の姓は『出庭』じゃないか。」生徒会資料で読んだところでは、えんまの両親の姓は『出庭』となっていた。えんまだけ姓が違うってことはないだろう。よって、偽名だと判断した。

「う……。人の個人情報を……ッ。」瞬間えんまは困ったように眉を下げ、目線を泳がせた。明らかに挙動不審である。世間ではキョドるっていうのか? よく知らないけど。まぁ、偽名であることは確定だな。

「なんで偽名なんか使ってるんだよ。これも教団の方針とかなんかか?」教祖なんだからそれもありえるかも。教祖ってなんなんだ……。

「それは違、う。違うけど……。」「じゃあ何だよ?」「その、本名が、」「確かに『出庭』って珍しい苗字だとは思うけどよ。」珍しく歯切れの悪いえんまを見て、ちょっと優越感。

「そうじゃなくて……。」「だから何なんだよ?」「出庭 千華なの……。本名。」

f:id:niyanko-222:20121014205056j:plain

「デパ地下?」今、なんて言った? デパ地下が本名? わけわからん。

「ほら!!」えんまがいきなり叫んだのでびっくりした。

「みんな『デパ地下』っていうから嫌だったの!」そう言うなりえんまはカバンからノートボールペンを引っ張り出し、何かを書き留めた。

目の前に突き出されたノートには、『出庭 千華』という文字の上に『でば ちか』とルビがふってあった。あ、『でば ちか』って言ったのか。

「……、なるほどね。」半ば呆れ半分に頷く。俺も『カマキリ』って言われてたしなぁ。最近は生徒会長という肩書きからか、誰にも呼ばれなくなったが。

「にしても。ソレ絶対狙ってるだろ、親。」「そうなのかな……。」シュンとなるえんま。黙ってりゃ可愛いのに。ん、可愛くないか? 自分より強い彼女ってのもなぁ。「お前のことは今までどおり、地獄谷でいいか。」「長いでしょ、えんまでいいよ。」じごくだに。確かに長い。5文字の苗字ってのも珍しいよな。

「じゃ、明日からはえんまって呼ぶか。呼ぶことなんかないと思うけどな。」えんまは生徒会メンバーでもないし、『躯持ち』でもないとわかった。朝、校門でコスプレを注意するくらいだろう。

「……ん。」えんまは少し遠慮がちに頷いた。「私やっぱり生徒会に入る。」顔を上げて、何かわからない宣言をしてきた。

「え? 生徒会に入る?」さっき断ったばっかりじゃないか。ばっかりでもないか。でも、なんで急に? 気が変わったとか?

「うん。別に『躯持ち』じゃなくてもいいんでしょ? カマギリだって一般人だし。」「ああ、まぁ。そうだけどよ……。」歯切れの悪い俺に向けられるえんまの眼光が鋭くなった。意地でも生徒会に入るつもりらしい。

 

「あー、じゃぁ書記、あたりで手を打つか。」さっき突き出されたノートの字が嫌に綺麗だったのを思い出す。おまけにうちの書類整理は書記をかけもちしているので、ちょうど良かった。……のか?

「うん、字には自信あるよ。」えんまはとびっきりの笑顔で頷いた。

 

かくして、えんまが生徒会の仲間入りをした。

 

九冊目fin.

いやぁ、早く帰ろうよ二人共。

AUTHOR: ab-kanade-love-07-01 DATE: 10/14/2012 22:47:13 ようこそ、生徒会へっ!(違 とりあえず、普通にかわいいやん。 びっくりや
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。