歪曲骨家。

創作小説置き場です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯でちまちま書いてたものたち。

【Whick】

まっさらな地面に
未来を描き出して

それが叶うかなんてのは
今一切視野に入れないで

こうして何かして時間を潰し
今を受け流し笑って 未来を

まっさらな地面は
未来を描きすぎて

すでにまっさらではないけど
上からインクを垂れ流し描く

様々な言葉にまみれた地面は
足の踏み場もないくらい
汚れきって

たとえ中身が夢や何であろうと
見た目は変わりはしないんだ

そうして未来を描き出して何回目もう数えることもやめたけど

足の裏にべとつく希望や何やを
ぬぐいとって地面に擦り付けるよ

ぁぁぁあああー
これがずっと正しいと信じてた
これが正解だと思いきっていた

答なんてどこにも
在りはしないのに

まだ 諦めきれないこの僕は
まっくらな地面を見下ろして


筆を執って 描き出したよ



あの日の僕が想った未来を



まっさらな地面には黒いインクを
まっくらな地面には白いインクを

書き潰せば新たな
キャンバスとなる

今まで気付かなかったあの景色も
ずっとわかっていた未来でさえも

(今は)
(今はまだ)

今なら見える

声に出したりはしないけれど
僕の手は勝手に描き出すよ

(僕の)
(僕だけの)

未来の始まり

スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。